1. トップページ
  2. ソリューション
  3. MEDIASYNERGY NEB2
MEDIASYNERGY NEB2

ハイビジョン映像のネットワーク配信とローカル録画に対応したライブエンコーダボックス

HD/SDの入力映像信号をリアルタイムにH.264/AVC形式にエンコードし、ストリーム配信を行うエンコーダユニットです。USB-HDDやNASを接続することで、単体での記録運用も可能です。

3G/HD/SDの入力に対応、豊富な入力端子を搭載

HD/SDの各フォーマットの入力に対応し、3G/HD/SD-SDI、DVI-D※、アナログRGB※、S、コンポジットの映像入力が可能です。音声入力は、HD/SD-SDIエンベデッドもしくは、アナログ信号(L/R)から選択できます。また、入力映像・音声をモニタするためのDVI-D出力端子、ステレオミニジャック出力端子を搭載しています。


※WSXGA+、SXGA、XGA、SVGA(VESA規格準拠)解像度の映像入力にも対応しています。

背面

High/Low(SD)ビットレート同時配信

入力映像をHighビットレートとLow(SD)ビットレートで同時にストリーム配信できます。Highビットレートは記録用、Low(SD)ビットレートは確認用途といった使い分けが可能です。

H.264リアルタイムエンコード・配信

HD/SDの入力映像をリアルタイムにH.264形式にエンコードし、ストリーム配信を行います。配信映像は、セットトップ・ボックス「MEDIASYNERGY STB2」やPCを利用してリアルタイムに視聴することができます。
また、ストリーム配信と同時に、本体に接続したUSB-HDDやNASへのファイル保存、Blu-rayドライブを接続しメディアへの記録も可能です※。
データの堅牢化として暗号化処理されたUSB-HDDを利用した運用も行えます。


※USB-HDD、Blu-rayドライブ、NASは当社推奨品をご使用ください。記録される映像のビットレートは、配信映像のビットレートになります。また、Blu-rayの運用には制限があります。詳細はお問い合わせください。

VESA規格フォーマットの入力に対応

WSXGA+、SXGA、XGA、SVGA(VESA規格準拠)解像度の映像入力に対応し、PCのディスプレイアウトを直接接続して、画面の配信等を行うことができます。スキャンコンバート機能を搭載し、入力信号をアップコンバート/ダウンコンバートしてエンコードを行います。スケーリング設定は、ドット・バイ・ドットとアスペクト比固定から選択でき、入力信号のモニタ出力も可能です。また、スキャンコンバート後の映像フォーマットに切り替えて表示することもできます。

59.94pのプログレッシブ対応

1920×1080/59.94pのプログレッシブに対応し、映像信号をそのままのクオリティで保存できます。

日付、時間情報を映像に合成

タイムサーバーと同期※し、正確な時刻や日付を映像に重ねて記録することができます。


※NTPサーバー環境が必要です。

静止画キャプチャ機能

フロントのキャプチャボタン等を使用して任意のシーンを静止画ファイル(JPEGもしくはTIFF形式)で保存できます。保存先はUSBハードディスクやサーバー等、任意に選択することができます。

外付けタッチパネルディスプレイに対応

タッチパネルディスプレイを接続し、プレビュー映像の確認やローカル録画の開始/停止が行ます。また、フルHDビデオカメラシステム「MEC-4000 Series」のカメラ、雲台コントロールやオプションで各社マルチスイッチャ※の制御が可能です。


※対応機種、詳細はお問い合わせください。

素材収録しながら時差編集

収録中、ファイルサーバーに収録済みの部分から、収録を止めることなくカット編集を開始できるソフトウェア「ClipCutter(別売)」を用意しています。スポーツ中継のダイジェストクリップの作成等、即時性を求められる映像作成に最適です。

ClipCutter

収録映像の検索・プレビュー

ファイルサーバーの管理ソフトウェア「Sylphid Scheduler(別売)」を利用して、PCやタブレットのWEBブラウザでアクセスし、検索・プレビューが行えます。複数台のMEDIASYNERGY NEB2を運用している環境では、状態監視も行えます。

Sylphid Scheduler