1. トップページ
  2. 医療向けシステム
  3. ADMENIC NEX
ADMENIC NEX

H.264マルチエンコードに対応したハイエンドモデル

HD/SDのさまざまな入力端子を実装し、術野カメラや内視鏡、生体情報モニタ等の接続が可能なマルチエンコード対応エンコーダユニットです。
H.264による高品質な映像配信が可能です。また、USBーHDDやNASを接続することで、単体での記録運用も可能です。

マルチソースのエンコードに対応

入力ソースのマルチエンコードに対応し、最大3ソース 3エンコードが可能です。1ソースの高/低ビットレート配信や、HDとダウンコンバートしたSDでの配信、別々のソースを別々のストリームとして配信など、さまざまな運用が可能です。
SDI追加モデルとDVI追加モデルでは、最大4ソース 4エンコードも可能です。


マルチインターフェース搭載

標準モデルには、SDI、DVI-D※1、アナログRGB※1、Sビデオ、コンポジット入力端子、モニタリング用の映像出力端子※2を搭載しています。音声入力は、HD/SD-SDIエンベデッドもしくは、アナログステレオ信号のいずれかから選択できます。


※1 WSXGA+、SXGA、XGA、SVGA(VESA規格準拠)解像度の映像入力にも対応しています。
※2 アナログRGBの入力は、DVI-Dから出力されます。

タッチパネル録画コントローラ

本体にタッチパネルディスプレイを接続し、プレビュー映像の確認やローカル録画の開始/停止が行えます。ADMENICシステムで使用した際は、サーバー録画の開始/停止やMEC-4000 Seriesのカメラコントロール、オプションで各社マルチスイッチャ※の制御が可能です。


※対応機種、詳細はお問い合わせください。

暗号化されたUSB-HDDに対応

ADMENICのシステムでローカル録画を行う運用の際、データ暗号化処理がされたUSB-HDDを使用できるように設定することができます。 暗号化処理されたUSB-HDDを使用することで、運用上の閲覧制限や、紛失などの不測の事態に備えることが可能です。
認証側の専用端末として「ADMENIC PCT/USB-HDD Check」をオプションで用意しています。


※本機能は、カスタマイズによる暗号化処理の運用が前提となります。詳しくはお問い合わせください。

モダリティ、生体情報モニタ等の映像信号に対応

検査装置やコンピュータ端末の映像出力信号を直接入力することができます。スキャンコンバート機能を搭載し、入力信号をアップコンバート/ダウンコンバートしてエンコードを行います。スケーリング設定は、ドット・バイ・ドットとアスペクト比固定から選択でき、入力信号のモニタ出力も可能です。また、スキャンコンバート後の映像フォーマットに切り替えて表示することもできます。

HD→SDダウンコンバート機能

HD入力映像をダウンコンバートしコンポジットビデオ出力が可能です。HDに対応していないビデオレコーダー等で記録できます。


※一部機能制限があります。

59.94pプログレッシブ対応

1920×1080/59.94pのプログレッシブに対応し、内視鏡等の映像をそのままのクオリティで保存できます。


※一部機能制限があります。

PAL対応

NTSC以外に欧州圏で使用されるPAL(50Hz)に対応します。

3D映像の配信・記録が可能 (SDI追加モデル、DVI追加モデルのみ)

3D変換機能を搭載し、3D内視鏡や3D医療ロボットのL・Rchの信号を外部コンバータを使用せずに3D変換(Side by Side)が可能です。また、3D映像と同時に2D映像の記録も可能です。

記録映像の視聴

外付けハードディスクに記録した映像は、専用アプリケーション「ADMENIC Browser 3」を使用して、自室やカンファレンスルーム等で簡単に視聴と管理が行えます。カット編集機能やさまざまなメディアツールに対応したフォーマット変換機能、DVDオーサリング機能を備えています。


→ 「ADMENIC Browser 3」詳細はこちら

入力映像のプレビュー

入力された映像信号は、本体フロントの4.3インチ液晶タッチパネルにプレビュー表示されます。また、入力信号の変更、ローカル録画、IPアドレスの設定等がダイレクトに行えます。