1. トップページ
  2. 医療向けシステム
  3. ADMENIC
  4. 構成製品
  5. ADMENIC NEB-SC
ADMENIC

スキャンコンバート機能搭載 ネットワークエンコーダ

ADMENIC NEB-SC

型番:ADM-NEB-SC [販売終了]

ハイビジョン映像のネットワーク配信と
ローカル録画に対応したネットワークエンコーダ

ライブストリーム配信サーバー機能を搭載し、HD/SDカメラ等の入力映像信号をリアルタイムにH.264形式にエンコードし、ネットワーク配信することができます。また、USBハードディスクを接続して記録することもできます。スキャンコンバート機能を搭載し、医療用検査装置やコンピュータ端末の映像出力信号も直接接続することができます。

HD/SDカメラの入力に対応、豊富な入出力端子を搭載

HD/SD (1920×1080/59.94i、1280×720/59.94p、720×480/59.94i)の各フォーマットの入力に対応しています。カメラと接続する入力端子にはHD/SD-SDI、DVI-D、コンポジットを備えています。音声入力は、HD/SD-SDIエンベデッドもしくは、アナログ信号(L/R)から選択できます。
また、入力映像・音声のモニタするためのDVI-D出力端子、ステレオミニジャック出力端子を搭載しています。

モダリティ、生体情報モニタ等の映像信号に対応

HD/SDビデオフォーマットに加え、DVIデジタルのWSXGA+、SXGA、XGA、SVGA(VESA規格準拠)解像度の映像入力に対応し、医療用検査装置やコンピュータ端末の映像出力信号を直接入力することができます。
スキャンコンバート機能を搭載し、入力信号をアップコンバート/ダウンコンバートしてエンコードを行います。スケーリング設定は、ドット・バイ・ドットとアスペクト比固定から選択でき、入力信号のモニター出力も可能です。また、スキャンコンバート後の映像フォーマットに切り替えて表示することもできます。


H.264リアルタイムエンコード・配信

各手術室に設置されたカメラからの映像をリアルタイムにH.264形式にエンコードし、ストリーム配信を行います。視聴は、カンファレンスルーム、ナースステーション等に設置したADMNEIC STBや、ADMNEIC Client Softwareを介してモニタやPC画面で行います。

映像に時刻や文字情報を記録

タイムサーバーと同期※し、正確な時刻や手術室番号等の文字情報を映像に重ねて記録することができます。


※NTPサーバー環境が必要です。

シンプルなレコーダーとしても使用可能

サーバーへの記録とライブ配信を同時に行えるだけでなく、本体のUSB端子に接続した外付けハードディスク※1へ記録※2することもできます。また、パナソニック社製のADAドライブを接続し、ADAメディアへの直接記録にも対応しています。


※1 外付けハードディスクは当社推奨品をご使用ください。使用可能な外付けUSB-HDDについてはこちらをご覧ください。
※2 外付けハードディスクに記録される映像のビットレートは、配信映像のビットレートになります。

記録映像の視聴

外付けハードディスクに記録した映像は、専用アプリケーション「ADMENIC Browser 3」を使用して、自室やカンファレンスルーム等で簡単に視聴と管理が行えます。さまざまなメディアツールに対応したフォーマット変換機能も備えています。


→ ADMENIC Browser 3詳細はこちら

仕様

■ 前面/背面図

※USBハードディスク/NASにローカル録画する際に使用します。

 

消費電力 32W
※USBバスパワー1ポート分(5V 0.5A)消費時
外形寸法 (突起物除く) 212.0(W)×88.0(H)×314.0(D) mm
質量 (本体のみ) 約2.85Kg
※仕様の詳細に関しては、お問い合わせください。