1. トップページ
  2. 医療向けシステム
  3. ADMENIC
  4. システム管理
ADMENIC

ブラウザベースの管理者用ツール

システム管理者が状態の確認や設定などを行うためのウェブブラウザベースのツール「ADMENIC Web」を用意しています。

 

●ダッシュボード機能

録画状況、ストレージの空き状況、エラーログなどのサマリーをログイン画面で確認※できます。

  • ※管理者権限によって表示内容は変わります。

●録画制御
Web画面上から、オペ室の録画制御をリモートで実行できます。
●記録映像の管理

記録映像の検索、再生※、情報編集、削除などが行えます。

  • ※再生には、別途ライセンスが必要です。

●ユーザー管理、ユーザーグループ管理

ユーザーコードとパスワードを設定し、ユーザー個別に利用制限を設けることができます。利用制限には、閲覧権限、編集権限、患者情報のマスク等があります。ユーザーグループを設定し、グループ単位で利用制限を設けることが可能です。


・診療科管理
診療科を登録し、診療科単位で利用制限を設けることが可能です。
・端末利用制限
使用するPCのIPアドレス単位で、利用制限を設けることができます。

記録映像の自動管理

録画用のストレージがあらかじめ設定した空き容量に達すると、古い録画ファイルから自動削除を行う自動削除機能を用意しています。
また、複数のストレージを登録し、巡回録画が可能です。ストレージ容量が一杯になったら、自動的に録画先を次のストレージに変更します。

オフラインコンテンツの登録が可能

オフラインで「ADMENIC NEX / ADMENIC NEB2」の外付けハードディスクに記録した映像ファイルや、編集済みの映像ファイル※をデータベースに登録できます。


  • ※指定されたフォーマットの映像のみ登録が可能です。

ADMENIC Center Software

配信サーバーソフトウェアや録画コントロールソフトウェア、データベースソフトウェアなどのADMENICの中核を構成するシステムです。

 

●ADMENIC Backup

保存された記録映像をNASやUSBハードディスクなどの外部ストレージに定時バックアップします。複数のバックアップ先を登録し、切り替えて運用することが可能です。


●患者情報連携
HISと接続を行い、録画開始時に患者IDや氏名、執刀医、術式などの情報を取得しADMENIC Center Softwareに登録します。
●利用者情報連携

HISと接続を行い、ユーザーコード、パスワードなどを読み込み、登録します。ユーザーの一元管理を実現します。


●視聴連携

電子カルテや麻酔記録システムなどの別のシステム画面から視聴アプリケーションを起動できます。操作ステップを短縮できます。


●仮想化環境対応

仮想環境のサーバー上にADMENIC Center Softwareの導入が可能です。

クラウドを使用した医療安全対策

映像の保管先にインターネット上のクラウドサーバーを使用することで、長期保管や災害時の物理的破損等からデータの消失を防ぐことができます。
また、データ通信時の暗号化により、安全で確実なセキュリティを確保します。