1. トップページ
  2. 映像・放送機器
  3. ClipCutter
ClipCutter

追っかけ編集(時差編集)に対応した軽快なカット編集ソフトウェア

映像素材のカット編集だけでなく、収録しながらカット編集も行えるソフトウェアです。
IN/OUT点を設定するだけの簡単操作でダイジェスト映像が作成できるので、即時性が求められるスポーツ中継やニュース映像のインターネット配信での運用に最適です。

映像素材と収録中のライブ映像を同一タイムラインで操作

オープニング映像と収録中のファイルを同時に読込み、追っかけ編集を開始するといった使い方が可能です。即時性を伴うニュース番組やスポーツ番組には欠かせない機能です。

シーケンス編集に対応

1つの編集プロジェクトから、用途に応じた複数の編集映像が作成できます。スポーツ中継の場合、時差編集で即時性の必要なプレイバックシーンの映像を作成し、中継終了後にダイジェスト映像を作成することができます。

収録中でも即座にカット編集を開始

エンコーダ「MEDIASYNERGY NEX」や「MEDIASYNERGY NEB2」で映像素材をキャプチャ・エンコードし、録画管理ソフトと連携して収録中に追っかけ編集、追っかけ再生が可能です。

独自の高性能レンダリングエンジンと連携

編集後のエンコード作業をネットワーク上にエンコード用PCを用意して処理させることが可能です。これにより、ClipCutter PCは、エンコード処理に占有されることなく、編集作業を継続して行うことができます。
独自のレンダリングエンジンは、Intel® Quick Sync Videoによる高速化や複数のPCに分散処理させ、処理能力を向上させることも可能です。

IN/OUTの並びを入替えが可能

カット編集したクリップをリスト上で順番を入替えることができます。撮り直し部分の差し替えなどに有効な機能です。

リスト上でクリップの順番の入替えが可能

映像のマスク機能搭載

CMやスポンサー情報など契約の都合でインターネット放送では流せないシーンにマスク静止画を設定することができます。

マスク設定画面

タイムラインの実時間表示に対応

タイムコード表示の他に日付をまたいだ実時間表示が可能です。

Intel® Quick Sync Videoを利用した高速出力

QSV対応のCPUを搭載したPCにClipCutterをインストールすることで、高速エンコードが可能です。外部エンコーダエンジンにも対応可能です。

XDCAM等のマルチチャンネルオーディオ入力に対応

マルチチャンネルオーディオのうち2chを指定して入力できます。

その他の便利な機能

  • ●カットポイント情報をEditListとして出力可能※1
  • ●オーディオのモニタリング、波形表示に対応
  • ●インターネットラジオのコンテンツ制作に便利な静止画+音声の出力が可能
  • ●JOGコントローラ対応(x-16 ~ x16, -1/16 ~ 1/16)※2

※1 Grass Valley社 EDIUS 6、7で読込み確認済
※2 対応製品についてはお問い合わせください。