1. トップページ
  2. 映像・放送機器
  3. Cambria DTE / ADE
Cambria DTE / Cambria ADE

【生産終了】

ベースバンド入力、ファイルフォーマット入力に対応した高画質なH.264ファイルの制作に最適なエンコードシステム

Cambriaは、VTRからのベースバンド信号やテープレスメディアの読み込み、高品質なH.264ファイルを作成するインテリジェントエンコードシステムです。
ソフトウエアエンコードを採用し、将来的な機能拡張や高速化・高画質化が可能です。

ベースバンド、テープレスフォーマット等に対応

VTRからのベースバンド信号をHD-SDI/SD-SDI、HDMI※、アナログ※でダイレクトにキャプチャすることができます。また、SONYXDCAMやPanasonic P2などのテープレスフォーマット、AVIやMPEG2-TS、QuickTime(ProRes 422)などの多様なビデオファイル、Omneonのサーバーフォーマット等の入力にもソフトウェアのアップグレードオプションにて対応します。


※ Cambria ADEのみ

高品質なファイル作成を実現

VTRからのベースバンド信号をHD/SD-SDI、HDMI※1、アナログ※でダイレクトにキャプチャすることができます。また、SONY XDCAMやPanasonic P2などのテープレスフォーマット、MP4やMPEG2-TS、QuickTime(ProRes 422、DVCPRO HD)などの多様なビデオファイル等の入力にもソフトウェアのアップグレードオプションにて対応します。


※ Cambria ADEのみ

各種入出力フォーマットに対応

H.264ファイル出力は、TransportStream、TTS(タイムスタンプ付きTS)、ElementaryStream、MP4に対応しています。フォーマット変換だけでなくサイズやフレームレート、アスペクト変換などに対応しているのでひとつのソースからブロードキャスト、アーカイブ、モバイルなど、複数の目的のファイルに変換が可能です。
オプションにてXDCAMやP2、QuicktimeのDVCPRO HD出力などに対応しています。また、ファイル形式以外にFlash Media Server / HTTP Live Streamingへのストリーム出力にも対応しています。

アクトビラ ビデオ・フル、アクトビラ ビデオに対応

H.264出力では、TTS(タイムスタンプ付きTS)や、アクトビラ ビデオ・フル形式(ARIB準拠)に対応しています。MPEG2出力では、アクトビラ ビデオに対応しており、サブウィンド用コンテンツの作成が可能です。また、Cambriaはアクトビラ社のエンコーダ認定を受けており、多様なアクトビラ対応機器での再生環境にも対応しています。

エンコードをサポートするさまざまな機能

数多くのプリセットを備え、異なる設定で同時にエンコードすることができます。エンコード時に自動的にウォーターマークなどのロゴ挿入機能やエンコード後の自動FTPアップロード、E-mail通知機能を備えています。

エンコーダアプリケーション

RS-422でのデッキコントロールや、マニュアルキャプチャ、バッチキャプチャ等が可能なコントロールソフトウェア「Cambria Capture」と、エンコードの進行状況の確認や、ジョブの優先度等を管理する「Cambria Manager」を備えています。

CambriaCapture

CambriaManager